バイトが軌道に乗るまで、とにかくお金がなかった私

大学は2時間かけて通う自宅生でした。朝は早いし、部活もやっていたので、夜も遅い。バイトをする時間がはっきりいって取れません。

でも親からは2万円しかもらっていないし、定期代はなんとか出してもらったけれど、そこから食事代とか部活代のお金とか、コンパに行くお金。それからもちろん大学で使うテキストなんかも買わなければいけないし、奨学金ももらっていなかったので、とにかく新入生になってバイトをなんとか見つけて、それが軌道に乗るまでは、まったくお金がありませんでした。

そこで、とりあえずコンパは、社会人とする合コンに参加して、食事代とかもろもろを出してもらって、楽しいときを過ごして、しのぎました。

当時はそんなにセクハラとかもなかったし、私はあまり男受けするほうじゃなくて、友達になるタイプなので、身の危険を感じることもなく。

教科書は、先輩にすごく安い値段で譲ってもらいました。高すぎる教科書は買わずに友達に見せてもらいました。
大学の先生のテキストって、自分の売れない本を押し付けるから、馬鹿みたいに高くて一冊3千円以上するのです。

だから2万円のお小遣いでは到底無理~決して悪いバイトはしておりません。

やっとみつけたのが、まず家庭教師。これなら自分の都合の良い時間にばんばん入れられるし、子供の親にひとたび気に入られたら、家まで送迎してもらえるし、ご飯は食べさせてもらえるし、お歳暮、お中元はもらえるし、子供の成績があがってくると気をよくして、どんどんバイト時間を長くしてくれて~。

新入生のときは、ジリ貧だった私も、8月には、家庭教師だけで20万円近く稼ぐことができました。
おかげで、かわいい服も買えて、彼氏もできたし、海外旅行にだっていけちゃいました。

それと、たまに時間がある時は日払いで給料をお貰えるティッシュ配りのバイトもしました。

ティッシュ配りのアルバイトを探すなら、私の経験談を参考にしてね。

ティッシュ配りのバイトは、ある意味人間観察ですね。楽しかったですよ。

Leave a Reply

CAPTCHA